鳥は鳥に

2017/11/13

<意識>とは何だろうか/下條信輔(講談社文庫)という本に、

「人間がこうもりになった体験を想像することはできるが、主張することの妥当性は無意味」

とあった。

それと、たぶん違う話だとは思うのだが、思ったのは・・・・

ものを書く人は、なにやら、たくさん、書くのだけど、書くことは正確でないなということだ・・・

研究者は、苦しんでいる人の、よき代弁者であろうと思って、代弁する、が、そもそもなぜ誰かが誰かの代弁をしなくてはならないのだろう・・・・。

想像はできても、夢想癖のように、ただ想像をする、ふくらむ、という、ばかり、で・・・

わたしは、わかろうとする立場だったり、なかなかわかってもらえないという立場だったり・・・・・しかし最近は、いずれにせよ、あまりにいろいろ、通じないので、ぴーひょろぽんぽん・・・だんだん、わたしの言語は人語から離れつつあるのかも、しれない・・・・。

鳥 は 鳥 に

 人 は 人 に

 そ れ ぞ れ の 夢・・・・

   「鳥は鳥に/谷山浩子」

5日間かかっていた風邪もやっと治り(←髪を切ったせいだと思う・・・)・・・・日曜日の「てっちゃん221号」の練習に取り組んでいます。このイベントでは、いつも、わたしの作品や舞台をほんとうに大事にしてくださって、感謝するばかりです。

おそらく4作品、すべて鉄道がらみの作品、熱い気持ちで頑張ります。特に予約などは不要ですので、多くの方のお越しを、お待ちしています。

★2010年2月21日(日)

★蒲田Studio80(オッタンタ)

★CHARGE 1200円+1drink

17:30 開場   ♪鉄道模型が走ります♪

18:30 開演

18:40 +soul

19:10 飛鳥

19:40 DJスノッブ小林

20:30 CATさんの撮り鉄コーナー、中山商事の社長のトーク

20:50 松岡宮

21:10 スペシャルセッション(松岡作品をBANDで!)

21:20 おわり

★駅弁販売、冷凍みかん食べ放題つき!