はてなブログで「ライフスタイル」グループが2000登録を超えようとしている。こんなところに注目しているのは私くらいだろうか。

昨年の10月に、登録数が 450を超えた所で関連記事を書いた。その年の12月に1000近くでまた書いた。半年の間で4倍増と、勢いのある分野なのだろう。でも、次回3000になった時はもう書かない・・(と思う(笑))。

グループ登録はしたが、書くのをやめてしまう人もいる。時々、休みながら書くひともいる。毎日更新を続ける人もいる。タイムラインからのアイコン消滅時間から推定するならば、そのような構成比率は変わっていないように思う。

私の場合の記事内容を分類するならば、「日々の生活」カテゴリーが最も多い。その内容に対応するグループが「ライフスタイル」である。もうひとつ参加している「植物」グループは登録者数75と最小グループであり、日々更新している限り私のアイコンは消えることはない。

「ライフスタイル」がこのくらい巨大化すると、いずれ分割は必要になるとは思うが、一方、細分化すると、その良さはなくなってしまうかもしれない。特定のジャンルの内容だけに限定すると、特別な人でない限り、ブログネタはいずれ尽きるのは確実だ。私の場合でも、IT、ガーデニング、社会評論、旅行などなど、いろいろなジャンルのことをフラフラと語りたい。それを許容する寛容な器が必要で、それが「ライフスタイル」である。漠然とした大雑把なカテゴリーとも言えるのだが、それは決して消去法としての「その他」というカテゴリーとは異なり、「生きる」ことに積極的なものであると私は理解している。

http://www.flickr.com/photos/30809410@N04/3515990945

photo by Grzegorz Łobiński

 

*** アマドコロ 6日目 隠れていた8つ目の芽も発見した

f:id:Miketoy:20140410070758j:plain